これより、すべて2007年当時の記述です

6日目/モスタル、ドブロヴニク(2007年11月21日)

オレンジ色に染める空を左に見ながら、バスは南に向かう。

道路のすぐ横を流れる川は、ネレトバ川? あまりに美しいその川は、昇りたての朝の光が西の山を照らす姿を映している。

 

モスタルから乗車したバスは、ヴコヴァル〜ドブロヴニク間を走る線のようで、セルビアやボスニア・ヘルツェゴヴィナでもそうであったように、バスチケットには座席番号が記されているが、わたしの席にも子どもの席にも先客が座ってる。

「えっ? えっ?」 と思ってたら、運転手いわく 「空いてるところに座れ」

オフシーズンの時期だからかな? クロアチアに入ってからのバスはどれも、チケットに書かれてある座席指定番号は意味を持たなかった。

 

バスはまた一段と、よくなった。

よくなりすぎて、160cmのわたしには足置き(? あれって何ていう名前だ?)に足がとどかない。こんなに広いんやったら、鞄、預けやんかったらよかったなぁ。クソ、2KM払ってもたやん。

 

10時すぎ、バスはドブロヴニクに到着した。

あれ? モスタルからドブロヴニクって、4、5時間かかるんじゃなかったの? 3時間ちょっとで着いた。
途中のパスポートコントロールは、ここでも何も訊かれなかった。荷物チェックもない。

 

 

ドブロヴニクを1泊にしとくと、当初行きたいなぁと思っていたトロギールシベニクにての泊まりがまだ可能。
ドブロヴニクで2泊すると、トロギール、シベニクの観光は諦めるしかない。

「どーする?」、「ドブロヴニクに着いたときの直感で決めよっか?」子どもたちとそう話してた。

 

 

降車すると、SOBEの客引きがすぐさま歩み寄ってきた。

トリプルの部屋が埋まってるか、持ち合わせてないのか。3人連れだとわかると、うち2人の客引きのおばちゃんは共にため息ついて残念がってて、残ったのはおじちゃんの客引き。

1人1泊、12.5ユーロ。3ベッド、シャワー、キッチン、冷蔵庫付き。

 

場所は旧市街地内じゃないので、そのぶん安い。3人の直感は一緒だった。そして会計係りのわたしは言う。

「2泊するから、まけて!」と、メモ帳に書かれた 12.5 の 「5」 の上に×をつけ「12ユーロ OK?」

交渉はすんなり成立。(あとでさらに安くしてくれた)

 

おっちゃんの車に乗って、高台にある宿へと向かった。

途中、 「くだもの買ってくるから、5分だけ待って」と、市場に寄りはったおっちゃん。10分? 15分? 買い物を終えて 戻ってくると、みかんを取り出し、わたしたちにくれた。

 

バスターミナルでおっちゃんの車に乗り込む前 (交渉時)、宿代はクーナ(クロアチア通貨)でやったらいくらになるか尋ねると、クーナで支払うほうが得やったから、ATMの前で、今度はわたしが「お金引き出すから停めて」っていうと(クロアチアに入国したとこで まだ現地通貨持ってなく)、

「そんなの後でえーえー。まずはゆっくりくつろいで下さいな」と言う。

宿付近に着いたとき娘が言った。「なんか瀬嵩(沖縄)んとこに似てるなぁ~、ここ」
おっちゃんの人柄も手伝ってか、たしかに似ている。時間が止まってるようだ。そして、あったかい。

娘は半袖だ。息子と私もジャケットだけ羽織り、タウン(旧市街)へと向かった。

 

 

それにしても、オスマン朝時代の影響が色濃く残る、オリエントの香り漂っていた昨日までの町並みから来ると、なんだか浦島太郎になった気分だ。

地中海の恵みを享け賜る、ここドブロヴニクは、陽光にあふれ煌めいている。『ようこそリゾートへ』 、クロアチア屈指の観光地がそういっている。

 

海がみえた。紺碧に澄むアドリア海だ。

 

 

身をのりだし真下を覗くと、花浅葱と翡翠の色が、波の白と戯れている。

 

腹が減っては なんとやら……。ピレ門前のレストランにて、まずは腹ごしらえ。

オープンカフェが機能してる。雪がないのっていいな(笑

 

ピレ門前のレストラン

 

ピレ門をくぐるとそこは旧市街で、旧市街を囲む城壁の上は遊歩道になってる。

 

城壁よりプラツァ通りを見下ろす

 

向こうに見る城壁が歩道になってる

 

空を舞う鳥

 

まずは城壁を歩いた。

鳥のように空中散歩をしてるみたい。

 

飛行機雲

 

城壁の歩道

 

要塞の小窓

 

が、しばらくして、こんなの何十年ぶり? いや、ここまでの痛みは初めてかも。。。頭がガンガンしてきた。
城壁を歩いて高山病にかかったか? てなわけないか? マチュピチュじゃあるまいにww

けど笑えない。頭痛はひどくなる一方で、口にはチャックがかかり、呼吸するのも辛くなってきた。
どこかの旅行記で 「この景色を見たら息が止まるよ」 って書いてあったけど、ほんまに息とまったんやろか? ほんで頭にきた?

宿に戻り、鎮痛剤飲んでダウン。あ~~、2泊にしといてよかったぁ~。

 

 

3時間ほどぐっすり寝たようで、時計をみると19時を少しまわってた。

薬が効いたか? 頭ん中に突如あらわれた怪獣はもういない。
けどまぁ、今夜は大事をとっておこう。晩飯は子どもたちに任せた。

 

長い長ーーーい階段を往復して(階段の上に宿、下にスーパーがある)、ふたりでスーパーに行き、ふたりで何やら作っている。

出来上がったのは、トマトスパゲティと、 あとスクランブルエッグ&ウィンナー。

トマトスパゲティは、めちゃくちゃマズかったけど、めーーーっちゃくちゃ美味しかった。ありがとう。

 

メインストリートへの長~~~い階段

 

料理中のふたり

 

費用、泊まった宿

― 泊まった宿 ―

BEGOVIC BOARDING HOUSE(トイレ・シャワー、キッチン、冷蔵庫付き)

 

― 旅の費用 ― * 1人分。1KM = 82円換算/1Kn = 21円換算。

バス (モスタル→ドブロヴニク) 27KM(約2214円)
荷物預かり (上記のバス) 2KM(約164円)
昼食(レストランにて) 35Kn(約735円)
城壁巡り 50Kn(約1050円)
夕食(スーパーにて) 17.6Kn(約370円)
水(1.5リットル) 5.45Kn(約114円)
宿泊(3人1部屋×2泊) 400Kn (約8400円)
合計 13,047円

 

おすすめの記事